movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

ルパン三世 ルパンVS複製人間 / ネタバレ・キャスト・あらすじ

こんばんは!今夜はルパン三世VS複製人間のネタバレ、キャストをご紹介します。

f:id:okane-hosii-3edw:20190417211820j:plain

 

予告編はこちら


『ルパン三世 ルパンvs複製人間(クローン)』MX4D®版 予告編/"LUPIN THE 3RD THE SECRET OF MAMO" MX4D Ver. Trailer

 

キャスト

山田康雄ルパン三世

小林清志次元大介

井上真樹夫石川五右衛門

増山江威子峰不二子

納谷悟朗(銭形警部)

西村晃(マモー)

飯塚昭三(フリンチ)

 

 

 

 

 

 

物語はルパン三世らしき人物(後ろ姿)が首吊り処刑されるところからスタートする。
遺体の鑑定した結果、それはルパン三世に間違いなかったが、銭形警部だけはそれを信じようとしなかった。
銭形は、急遽ルパンの遺体が安置されている古城に半信半疑で向かう。思惑通りルパンは生きていて、銭形の前から姿を消す。なんだか晴れ晴れした表情の銭形は、ルパンが向かったとされるエジプトへ向かう。


その頃、ルパンと次元大介はピラミッドに眠るお宝をこっそり盗もうと忍び込んでいた。処刑されたのは一体誰なんだと話しながら、今回の目的である小さな石を発見し、盗み出す。銭形率いる地元警察に包囲されるが、外で待機していた五右衛門も加わり、逃走に成功。(いつものパターンですね)


その後舞台はフランスへ移る。ルパンに石を盗み出すよう頼んだのは峰不二子だった。謎の男(いっぱいでてくるので覚えておいてください)と取引を交わした不二子は、一晩デートをするという交換条件でルパンに石を盗み出してほしいと依頼したのだった。

思惑通りに石を渡しに現れたルパンに色仕掛けをして、盗んだ石を奪ってしまう。次元と五右衛門に散々文句を言われるものの、ルパンには考えがあった。


不二子に渡した石はルパンが用意した偽物で、中に盗聴器を仕掛けていた。取引相手である謎の男との待ち合わせ場所である墓地に辿り着いた不二子は、待機していた謎の男の部下フリンチに石を渡す。すると、暗闇から謎の男が空中に浮いたまま現れ、ビームを発射し石を破壊する。


謎の男はマモーと名乗る。(初めて見た時怖すぎて夢に出てきました。)不二子が男の姿を間近に見たのはこれが初めてだった。一方ルパン達は、カフェテラスにて文献を読み漁り、石の事を調べていた。石は「賢者の石」と呼ばれていて、不老不死の力が宿っているとファラオの時代から信じられてきたことようだった。その時、突如カフェが何者かによって銃撃される。ルパンと次元は車で街中逃げ回りますが、ヘリは執拗に追い掛けてくる。そこへ待ち伏せしていた五右衛門が斬鉄剣で一刀両断。「またつまらぬものを斬ったか」


何とかその場から逃げた三人の前に現れたのは不二子。あなたはとんでもない人を敵に回している、石を渡して早く逃げてと不二子は迫るが、なんと向かいの窓からも銃撃が。追いつめられた三人は急いで不二子の車に乗り込み、不二子を安全なところで降ろして逃走するが、今度は銭形が追い掛けてきていた。

 

 

 

 

 


今度はその更に後ろから巨大なトレーラーが現れ、銭形達のパトカーをなぎ倒してルパン達を追い掛けてきた。トレーラーを崖から転落させ破壊する事に成功した三人だったが、今度は飛行機が爆弾を投下しながら追ってくる。急いでアジトに逃げ帰るがすでに破壊されていたのだった。

 
不二子といい加減に手を切れと次元と五右衛門は不機嫌になっていき、仲間割れをしそうになりながらも、ルパンが何とか仲を取り持ち、国境まで歩いていくことを決意する。しかしひたすら荒野を歩いていくのは過酷で、その上敵はこちらの動きを読んでいるようだった。やがて三人は小屋を見つけ、中で水と食料を見つけて喜んでいると、そこへボロボロになった不二子が現れる。


賢者の石を手に入れ損ねたことでフリンチに殺されかけ、逃げてきたようだった。助けを求める不二子だったが、そこへ次元と五右衛門がやって来て険悪な雰囲気に。三人は再び仲間割れをしてしまい、次元と五右衛門はアジトを出て行ってしまう。案の定それは不二子の罠で、連絡を受けてやってきたフリンチにルパンは連れ去られてしまう。


次元はそれに気付き、急いで追いかけヘリに一発撃ちますが、ヘリは去ってしまう。
しかしその時、上空から一枚の紙が落ちてくる。次の日市内に戻った次元は、尾行していた男により五右衛門と共に米国の施設に連れて行かれる。そこへ米国大統領補佐官を名乗る男達が現れる。


先日各国首脳が謎の男から「細胞学、遺伝子工学等の全ての研究成果を提供せよ、拒否すれば核ミサイルで攻撃する」との脅迫を受けていて、それについて各国首脳が話し合っていたとき、その会話にマモーと名乗る謎の男が割り込んできた、彼が何者か知りたい様子。


マモーは自分の事を預言者、神だと名乗り、これは要求ではなく命令だと言う。どうやらマモーの要求した品々は全てルパンによって盗まれていたのだと彼等は言い、関係があるのではないかと疑っている。不二子がルパンに依頼していた盗みの仕事は全てマモーに繋がっていて、マモーは自分の手に入れたいものを全てルパンの手で盗ませていたことが判明する。


何も知らない次元達にマモーの居場所を問い詰める彼等に、次元はあの日ヘリから落ちてきた紙を彼等に見せる。紙には「水」と書かれており、恐らくそれが手がかりになると次元は言うが、彼らはなかなか信じようとしない。やがて釈放される次元と五右衛門。その時偶然紙が水に塗れ、表面から違う文字が浮かび上がってきた。そこには「カリブ海」という文字が書かれていた。

 

その頃、なんだかんだ言いつつもルパンのことが心配である次元と五右衛門は、謎の世界一の大富豪ハワード・ロックウッドが所有するカリブ海の一番大きな島を目指していいた。そしてその船の中にはこっそり忍び込んだ銭形の姿も。実はハワード・ロックウッドの正体こそマモーで、米国大統領補佐官達もそれを掴みかけていた。

その時、マモーとはぐれていたルパンはうまく賢者の石を盗み出し、再び脱出を図るが不二子に見つかり、逃げる事はない、私達は永遠の若さを手に入れられるのだと迫る。追ってきたフリンチ達からとりあえず不二子を連れて逃げる。


逃げた先でマモーにも見つかってしまう。ルパンは赤ん坊が入った試験管が大量に並んだ研究室を目撃しており、一体何を企んでいるんだとマモーに詰め寄る。マモーは、自分は一万年もの間生き続け永遠の命の研究を続けてきたこと、そしてもうすぐ世界を滅亡させるつもりであり、自分の選んだ者達だけに永遠の命を与えようとしていること。しかしルパンは信じようとしません。マモーは、ルパンは永遠の命に値しない、お前だけでも私と共に来いと不二子に言うが、不二子はルパンと一緒でないと嫌だと断ってしまう。

 

嫉妬したマモーはルパンを殺そうとするが、米国空軍による攻撃が始まり、何とか助かる。ごたごたしている隙に侵入した次元、五右衛門は、不二子と気絶したまま目を覚まさないルパンと合流する。ふらふらになりながらもマモーが銃で撃とうとして来たところを一足早く次元が不二子を庇い、マモーを撃ち殺す。城からの脱出を図る一行の前にフリンチが現れるが、五右衛門が斬鉄剣で倒す。

 


そこへ銭形も合流し、懲りずにルパン一行を追いかける。そこへ助けに現れたのは上司である警視総監。警視は銭形にルパン逮捕を辞めさせるためらしい。ルパンは世界規模の問題に巻き込まれており、もはや日本の警察の管轄ではないのだと言う。総理大臣からの報奨金もあるから、日本に帰ろうと総監は説得するが、銭形は諦めきれずルパンを探す旅に出る。


その頃、安宿に身を隠したルパン一行は、マモーの正体について語す。(どこでそんな情報手に入れたんだ。)マモーの研究分野はクローン技術であること、それによってマモーは一万年もの間長生きしてきたということだった。殺したところでクローン技術を使い何度でも蘇ることが出来るようだった。すると、突如ルパン達のいる部屋全体が異空間に包まれ、マモーが現れる。自分はこの一万年間、様々な賢者達と関わり英知を得、地球上全ての歴史を影でコントロールしてきたのだと語る。マモーは不二子を連れて消えた。追いかけるのか、追いかけないかで仲間割れしてしまい、ルパンは一人で原子力発電所へ向かう。マモーはこの施設から地震を発生させていた様子。


施設内に入り、布をすっぽり被っている集団から銃撃をうけるが、なんとか避ける。一人の布を剥がしてみると、なんとその顔はマモーだった。マモーの顔をしたその男は、クローン生成を繰り返すうちに染色体は徐々に劣化してしまった、そこで私は本体を保存する事にしたと語り、息を引き取った。

 

不二子と共にいるマモーは涙を流しながら再度不二子を説得にかかる。現れたルパンを見て、不二子を伴い逃げるマモー。追い掛けてくるルパンにレーザービームで攻撃してくるが、しかし運良くルパンはポケットの中に、安宿で次元に渡された折れた斬鉄剣の破片を持っていた。それを使いレーザービームを反射させ、マモーに直撃させた。マモーの身体は燃え盛り、やがて絶命した。その時、突如建物が揺れ始め、巨大なカプセルに包まれた巨大な脳みそが姿を現れる。自分こそマモーのオリジナルなのだと語る。ルパンは念能力に耐えながら、何とか脳が入っているカプセルにある物をくっつける。

 

カプセルはロケットになっており、宇宙空間に向けて発射された。その時、ルパンがくっつけた腕時計が爆発。カプセルは破壊され、そのまま太陽に吸い寄せられて消えた。一件落着と思いきや、またも米国空軍による爆撃に巻き込まれてしまう。飛行機で助けに来た次元の垂らしたハシゴにちゃっかり自分だけ掴まり助かる不二子。爆撃はおさまらず、ひとまず逃げようという事で二人仲良く走り出すルパンと銭形なのだった。