movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

ハリーポッター 賢者の石 / ネタバレ・キャスト・あらすじ

こんばんは!

今夜はハリーポッターシリーズより賢者の石のネタバレ・キャストをご紹介します!

流行りに乗って書籍を買って後悔した人も多いはず!笑

 

予告編はこちら↓

 


ハリー・ポッターと賢者の石 予告編

 

 

 

キャスト

・ハリー(ダニエル・ラドクリフ

・ロン(ルパート・グリント

ハーマイオニーエマ・ワトソン

・ハグリッド(ロビー・コルトレーン

・クィレル(イアン・ハート

・ドラゴ(トム・フェルトン

・スネイプ(アラン・リックマン

ダンブルドアリチャード・ハリス

・ヴォルデモート

 

 

 ハリーは10年前に両親を失い、母の妹ダーズリー夫妻の元に預けられていた。ハリーは邪魔者扱いされ、階段下の小さなスペースに押し込められていた。やがて、11歳の誕生日を迎えたハリーの元に手紙が届く。ホグワーツ魔法魔術学校からの入学許可証と書いてあったが、叔母夫妻はどうしてもハリーをホグワーツへは行かせたくない様子だった。

 

手紙を破いたり、捨てたりするも何度も入学許可証はハリーの元へやってきた。ある日、ハリーの元にホグワーツの森番をしているという大男のハグリッドが現れ、叔母夫婦が隠していたハリーの秘密を明かす。ハリーの両親は魔法使いだったが10年前に闇の帝王ヴォルデモート卿に殺害され、唯一生き残ったハリーは魔法界では伝説的存在だった。自分にも魔法使いの血が流れていることを知ったハリーはホグワーツへの入学を決意し、ハグリッド協力のもと、ホグワーツ特急に乗り込む。

 

ハリーは汽車の中でロンとハーマイオニーと出会い、意気投合する。入学式では新入生は組み分け帽によって4つの寮に振り分けられ、ハリーとロン、ハーマイオニーはグリフィンドールで共同生活を送ることに。なにかと折り合いの悪く、絡んでくる同級生ドラゴはスリザリン寮に入り、その寮監を務めるスネイプは、なぜかハリーをじっと睨みつけていた。

いよいよ1年生の授業が始まる。ハリーは高い素質と才能を認められ、魔法界の人気スポーツである“クィディッチ”の選手に大抜擢される。しかし、スネイプはクィディッチの試合中にハリーの妨害をするなど嫌がらせ行為を行い、ハリーはスネイプの行動に疑いを抱く。

 

ある日、うっかり立入禁止の4階に立ち入ってしまったハリーとロン、ハーマイオニーは、3つの頭を持つ番犬が謎の隠し扉を守っているのを目撃する。ハリーはその事をハグリッドに話すと、ハグリッドはニコラス・フラメイという人物の名を口にする。ニコラスとは、あらゆる金属を黄金に変え、飲めば不老不死の力を得ることのできる“生命の水”を生み出すことのできる“賢者の石”を作った人物とのことだった。ハリーたちは番犬たちが守っているのは、賢者の石に間違いないと確信する。

 

廊下を歩いていると、ハリーたちはスネイプが“闇の魔術に対する防衛術”の教師クィレルを脅しているとこをを目撃する。スネイプも賢者の石を狙っていると考えたハリーたちはダンブルドア校長に相談しようとするも留守中であり、ハリーたちは自分たちの力で賢者の石を守ろうと決意する。

 

ハリーとロン、ハーマイオニーは意を決して隠し扉に潜入、仕掛けられていた“悪魔の罠”や”巨大チェス”をかいくぐりながら一番奥の部屋へと辿り着く。そこにはクィレルの姿があったが頭のターバンをとると別の顔が。クィレルは実体を失っている”ヴォルデモート卿”に体を乗っ取られていた。実体を失っていながらも殺し損ねたハリーの命を狙っていた。

 

スネイプはハリーを妨害していたのではなく、クィレル(ヴォルデモート卿)から賢者の石とハリーを守ろうとしていたのだった。クィレルはヴォルデモート卿の復活のために必要な賢者の石を手に入れようとするが、石を掴むことはできず、ハリーが賢者の石を手にする。クィレルがハリーの身体に触れた瞬間クィレルは炎に包まれ、ヴォルデモート卿の意識は去っていった。ハリーを助けに来たダンブルドア校長は、賢者の石は“使おうとしない者”だけが手にすることができると語り、ハリーの亡き母の愛がハリーを魔の手から守ってくれたのだと諭した。

 

やがて1年生を修了したハリーらはホグワーツ特急に乗り、それぞれの実家へと戻っていった。列車の中でハリーはホグワーツこそが自分の本当の居場所だと確信していた。

 

 次回作は↓からどうぞ。

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click