movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

ハリーポッター 秘密の部屋 / ネタバレ・あらすじ・キャスト

こんばんは!今回はハリーポッターシリーズ第二弾 秘密の部屋のネタバレ・キャストをご紹介していきます!!

 

予告編はこちら↓

 


ハリー・ポッターと秘密の部屋 予告編

 

 

 

 

キャスト

・ハリー(ダニエル・ラドクリフ

ハーマイオニーエマ・ワトソン

・ロン(ルパート・グリント

・ジニー(ボニー・ライト)

・ドビー(声:トビー・ジョーンズ

・ハグリッド(ロビー・コルトレーン

・スネイプ(アラン・リックマン

ダンブルドアリチャード・ハリス

ロックハートケネス・ブラナー

・アーガス・フィルチ(デイビッド・ブラッドリー)

・トム・リドル(クリスチャン・コールソン)

 

 

 

 

ホグワーツの1年生を修了したハリーは、夏休みを意地悪な叔母一家と過ごしていた。そんなある夜、ハリーの元に突然妖精ドビーが現われ、ハリーにホグワーツには戻ってはならないと警告する。ホグワーツこそが自分の本当の居場所だとハリーは猛反発するが、ドビーは魔法を使って叔母一家の客人に悪戯を仕掛けて去って行った。

 

ハリーの仕業だと思い込み、怒った叔母たちは窓に鉄格子を打ち付けてハリーを監禁状態にする。そこに連絡がつかないことを不審に思った親友のロンやその兄弟たちが空飛ぶ車に乗って駆け付け、ハリーと共に飛び去っていった。新学年の準備のためダイアゴン横丁を訪れたハリーは、ハグリッドやハーマイオニーと再会を果たし、ホグワーツに新任教師として赴任することになったベストセラー作家のロックハートと対面する。

 

ホグワーツに向かうため、ハリーとロンは新入生であるロンの妹であるジニーと共にホグワーツ特急に乗り込もうとするが何故か魔法の入口が閉じてしまい、駅のホームに入ることができなかった。やむなく空飛ぶ車で何とかホグワーツに到着するが、その様子をマグル(魔法を使うことができない一般の人間)に目撃されてしまい、大事になっていることからスネイプや学校の管理人であるアーガス・フィルチらから退学をほのめかされてしまう。見かねたダンブルドア校長の計らいにより、何とか罰則程度に収めてもらうことに。

 

2年生になったハリーは新入生たちの憧れの的となっていたが、やがてホグワーツには不気味な怪奇現象が次々と起こるようになる。フィルチの飼い猫ミセス・ノリスが石に変えられ、その傍の壁には“秘密の部屋は開かれたり。継承者の敵よ、気をつけよ”という謎の文字が書かれていた。

 

ハリーはロンやハーマイオニーと共に怪奇現象の正体を突き止めようとするが、その後も不可解な現象は続き、ハーマイオニーや女子学生らが襲われて石に変えられた姿を発見される。ハグリッドは容疑者として捕えられ、魔法監獄のアズカバンに送られてしまう。ダンブルドア校長は一連の事件の責任を負わされ、停職処分となる。

 

ハリーはロンと共に“秘密の部屋”の入り口を突き止め、中に進んでいく。そこにはジニーが何者かに操られていた。ハリーはジニーを操っているのはかつてホグワーツの生徒だったトム・リドルであることを知る。そしてトムこそが、闇の帝王ヴォルデモート卿の若き日の姿だった。ハリーの前に姿を現したトムは、自分はジニーの魂を使って復活すると宣言する。

 

トムはハリーに襲い掛かり、巨大な毒蛇を放ってハリーを殺そうとする。絶体絶命のピンチに陥ったハリーの元にダンブルドア校長のペットである不死鳥のフォークスが助けに現れ、ハリーは剣で毒蛇を倒すと、その牙でノートに宿ったトムの亡霊を消滅させる。ロンやジニーと共に秘密の部屋から無事脱出することができた。

 

やがて、一連の不可解な“秘密の部屋”事件は全てハリーのライバル・ドラゴの父ルシウス・マルフォイがダンブルドア校長を失脚させるために仕組んだ陰謀であったことが発覚し、ルシウスはホグワーツの理事を解任される。

魔法が解けてハーマイオニーら石にされた人々も元通りに戻り、ホグワーツには再び平和が戻った。

 

過去、次回作はこちら

 

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click