movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

ハリーポッター アズカバンの囚人/ ネタバレ・あらすじ・キャスト

こんばんは!今回はハリーポッターシリーズ第3弾 アズカバンの囚人をご紹介します。

予告編はこちら↓

 


ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 予告編

 

 

キャスト

ハリー・ポッターダニエル・ラドクリフ

 ロン(ルパート・グリント

ハーマイオニーエマ・ワトソン

シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン

リーマス・ルーピン(デイヴィッド・シューリス

ピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール

アルバス・ダンブルドアマイケル・ガンボン

 

主人公ハリー・ポッターホグワーツ魔法魔術学校の休みを利用してダーズリー家に帰省する。相変わらず陰険なダーズリー一家はハリーにおとなしくするよう命じ、ホグワーツと魔法省からは魔法界以外では魔法を使うことは厳しく禁じられる。更に追い打ちをかけるように、叔父バーノンの妹の意地悪で非道なマージおばさんがダーズリー家を訪れ、ハリーに対して執拗な嫌がらせをしてきました。耐え兼ねたハリーは魔法界の掟を破りマージに魔法を使い、風船のように膨らませてしまう。この事が魔法省とホグワーツに発覚することを恐れたハリーはダーズリー家から脱走、バスに乗り込んでダイアゴン横丁へ向かい、パブ「漏れ鍋」に到着する。


「漏れ鍋」には魔法大臣コーネリアス・ファッジがおり、ハリーは退学を覚悟する。が、なぜかファッジはハリーを咎めようとはせず、新学期が始まるまでは「漏れ鍋」に泊まるよう命じる。その後、ハリーは「漏れ鍋」で友人のウィーズリー一家やハーマイオニーと再会する。そこでハリーは、魔法監獄アズカバンから脱獄した魔法使いシリウス・ブラックの存在を知う。ブラックは悪の魔法使い、ヴォルデモート卿の部下でかつてヴォルデモートをハリーの両親に引き合わせ、死に追いやった張本人と噂される人物だった。今度はハリーの命を狙っていると噂されていた。

 

 

新学期の時が迫り、ハリーは汽車でホグワーツへ向かうが、列車にアズカバンの看守「吸魂鬼(ディメンター)」がしつこくまとわりついてくる。吸魂鬼は狙った相手の魂を吸い取るという特性があり、ハリーは彼らにとって興味の対象だった。なんとか学校にたどり着いたハリーは、ホグワーツに新たに赴任した闇の魔術の防衛術教師リーマス・ルーピンに吸魂鬼から身を守るため“守護霊の呪文”を教えてもらう。


学校生活3年目に突入したハリーだったが、魔法の村ホグズミードに行くには保護者の許可は必要であり、叔父夫妻から許可証を貰い損ねたハリーは行くことができない。そこにロンの双子の兄弟、フレッドとジョージが現れ、村へ通じる抜け道が記された“忍びの地図”を手渡す。ハリーはロンとハーマイオニーを連れて村のパブ「三本の箒」に向かい、そこでいくつかの真実を知る。悪人でハリーの命を狙っていると噂されていたシリウス・ブラックは元々ハリーの父の友人であり、名付け親だというのだ。

 

ハリーは“忍びの地図”の謎を読み解き、最も呪われた建造物と言われる“叫びの屋敷”に向かい、そこで黒い犬に姿を変えていたブラックと対峙する。そこに闇の魔術の防衛術教師であるルーピンが現れ、ハリーはヴォルデモートに寝返った裏切り者はブラックではなく、ロンの飼っているネズミのスキャバーズに姿を変えていたピーター・ペティグリューであることを知る。


一行はピーターを魔法省に引き渡そうとしますが、満月の光によってルーピンは真の姿である狼人間に変身してしまい、その隙にピーターに逃げられてしまう。そして今度は無数の吸魂鬼が襲いかかる。ハリーは“守護霊の呪文”を使うも歯が立たず、絶体絶命と思われたその時、鹿のような動物が現れて吸魂鬼たちを追い払った。

ハリーはその動物を出迎える人影に父の面影を見ていた。

 

その後、捕らえられたブラックは死刑よりも重い刑罰である“吸魂鬼の接吻”を受けようとしていた。校長のアルバス・ダンブルドアからその事実を聞かされたハリーとハーマイオニーは、逆転時計を使って過去の時間に向かい、鳥と馬が合わさった動物ヒッポグリフのバックビークと共にブラックを救出して逃がし、吸魂鬼たちに守護霊を呼び出して撃退した。

 

ハリーが見た、父の面影を持つ人影とは未来の時間から来たハリー自身だったのだ。しかし、ピーターが逃げてしまったことでブラックの無実を証明することができず、狼人間であることが発覚したルーピンもホグワーツを去り、ハリーは気落ちしていた。しばらくしてブラックからの手紙を受け取り、安心した表情のハリー。物語は次回作品へ続く。

 

過去、次回作はこちら

 

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click