movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

ハリーポッター 謎のプリンス/ ネタバレ・あらすじ・キャスト

こんばんは!本日はハリーポッターシリーズ 謎のプリンスのネタバレ・キャストをご紹介します。

 

予告編はこちら↓


ハリー・ポッターと謎のプリンス 予告編

 

 

キャスト

ハリー・ポッターダニエル・ラドクリフ

ロン(ルパート・グリント

ハーマイオニーエマ・ワトソン

ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン

ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント

ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ

 

 


闇の帝王ヴォルデモート卿の復活は人間界(マグル)・魔法界にも大いなる脅威となり、死喰い人はマグルの世界でも暴れ回るようになっていた。

 

夏休みに入っていたハリー・ポッターダンブルドア校長に誘われ、かつてホグワーツで魔法薬学教授を務めていたホラス・スラグホーンの元を訪ねる。スラグホーンはダンブルドアの頼みを聞き入れ、ホグワーツへの復職を決意する。

 

その頃、ホグワーツ教師セブルス・スネイプの元にはハリーのライバルであるドラゴの母ナルシッサとシリウス・ブラックを殺害したベラトリックス・レストレンジの訪問を受け、ヴォルデモート卿から重要な使命を受けたドラゴの身辺警護を依頼される。


スネイプはベラトリックスとナルシッサから“破れぬ誓い”を組まされ、もしドラゴが任務を遂行できなければスネイプが代わりに任務を受け持つことを確約されてしまう。やがてホグワーツの新学期が始まり、ハリーは親友のロン、ハーマイオニーらと共に6年生に昇級することができた。

 

ホグワーツにはダンブルドア校長の依頼を受けたスラグホーンが復職、スネイプは新たに闇の魔術に対抗する防衛術の教授に就任した。ある日、ハリーはひょんなことから薬をもらう。それは“半純血のプリンス”がホグワーツに残した教科書を手に入れて作成した、ご褒美として飲めば幸運が舞い込み最高の1日になるという薬“フェリックス・フェリシス”だった。

 

その後、ハリーはダンブルドアに呼び出され、ヴォルデモート卿との決戦に備えて1年間の個人授業を受けることになった。その頃、ハリーはロンの妹ジニーに心を惹かれ、交際を始めていた。ロンはラベンダー・ブラウンのアプローチを受け、ハーマイオニーはそんなロンとラベンダーに嫉妬心を抱く。一方、ハリーは個人授業の中で、ヴォルデモート卿の隠された過去について知ることとなる。

 

ヴォルデモート卿は本名をトム・リドルといい、孤児院に入っていたトム・リドルはその能力をダンブルドアに認められてホグワーツに入り、スラグホーンの元で学んでいたのだった。ハリーは幸運の薬を飲んでスラグホーンの記憶にアクセスし、かつてスラグホーンがトム・リドルに授けた“分霊箱”の存在を知る。分霊箱は7つ存在し、それぞれに魂を分けて入れることで不死身の存在となれるというもので、ヴォルデモート卿の力の源になっていた。ヴォルデモート卿を倒すためには分霊箱を7個全て破壊する必要があると確信する。


ハリーとダンブルドアは分霊箱を破壊すべく旅に出る。そして一つ目の分霊箱を発見するが、そこには罠が仕掛けられており、罠に触れたダンブルドアは瀕死の重傷を負ってしまう。ホグワーツへ戻ろうとするハリーとダンブルドアの前にドラゴ率いる死喰い人が立ちはだかる。しかしドラゴは任務を遂行することができず、代わりにスネイプが現れ、ハリーを庇ったダンブルドアを殺害してしまう。

 

ハリーは“半純血のプリンス”の書物に書かれてあった魔法でスネイプに対抗しますが全く歯が立たない。スネイプこそが“半純血のプリンス”本人だったのだ。スネイプはハリーを昏倒させ、ドラゴと共に逃走する。ハリーが目を覚ますと、分霊箱は偽物とすり替えられていたことを知る。ダンブルドアの葬儀が行われるなか、ハリーは来学期は学校に戻らずに単身で残りの分霊箱を破壊する決意を固め、ジニーに別れを告げて旅立つ。そこにロンとハーマイオニーが駆け付けてハリーと共に旅をすることに。三人は辛く険しい旅に出ようとしていた。物語は次回へ続く。

 

過去、次回作はこちら

 

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click

www.movienight.click