movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

シンデレラ / ネタバレ・あらすじ・キャスト

こんばんは!今夜はディズニー不朽の名作 実写版シンデレラのネタバレ・キャストをご紹介します。

 

予告編はこちら↓


映画『シンデレラ』予告編

 

 

キャスト

シンデレラ(エラ) / リリー・ジェームズ
キット王子 / リチャード・マッデン
トレメイン夫人 / ケイト・ブランシェット
シンデレラの母 / ヘイリー・アトウェル
フェアリー・ゴッドマザー / ヘレナ・ボナム=カーター
王様 / デレク・ジャコビ

 

 


シンデレラは貿易商の父と心優しい母の元に生まれた。何不自由なく、心優しく成長していたが、ある日母が病に倒れ他界してしまう。それから月日が流れ、父が再婚の意思をシンデレラに打ち明ける。シンデレラは新しい幸せのために了承する。新しく父が再婚した相手には二人の娘がいた。はじめはシンデレラにも優しくしていたが、日を追うごとにシンデレラをいじめるようになっていった。さらに追い打ちをかけるように父が仕事先で急死してしまう。両親を亡くしたシンデレラは悲しみに打ちひしがるが、再婚相手の継母や二人の娘たちからいじめられ、使用人のように扱われる。


ある日、王子の婚約相手を決める国主催の舞踏会が開催されることになった。国中の若い娘たちをみな招待するという内容だった。噂を聞きつけた継母は自分の娘たちのどちらかを王子の妃にしようと奮闘する。シンデレラも参加する資格があったが、継母が禁止し舞踏会の日にシンデレラを監禁してしまった。勇気と優しさをもって生きると亡くなった実の母と約束していたシンデレラだったが、庭先で泣き崩れてしまう。その時、庭先にみすぼらしい老婆が現れる。一杯のミルクを要求した老婆に、シンデレラはミルクを差し出すとその老婆が願いを叶えてくれると言った。


老婆の正体は、小さいころ実の母に教えてもらった伝説の妖精だったのだ。妖精は魔法でかぼちゃを馬車に変え、近くにいた動物を御者や従者に変えた。更には、シンデレラのためにドレスをきれいなものに仕立てて、ガラスの靴を履かせる。シンデレラは驚きと喜びにあふれ、すぐさま舞踏会の会場に向かおうとするが、要請が忠告する。12時の鐘が鳴ると魔法が解けて元の姿に戻ってしまうということだった。舞踏会の会場についたシンデレラは、王子の目に留まってダンスを踊る。こっそりとふたりで会場を抜け出し、秘密の時を過ごした。夢のような時間はあっという間に過ぎ、気づけばもう夜中の12時に。慌てて帰ろうとするシンデレラを王子は引き留めようと追いかける。シンデレラは走る途中にガラスの靴を片方落としてしまう。


舞踏会が終わった後も謎の女性(シンデレラ)のことが忘れられない王子は、国中の女性に靴があうかどうか調べ、その女性を探し出すことを決めた。継母は、王子が舞踏会で会った女性を探していると娘たちとシンデレラに伝えると。シンデレラは嬉しさと高揚感でいっぱいになる。その様子を見て継母は、王子が探している女性はシンデレラだと確信する。王子が来る前にシンデレラを屋根裏部屋に閉じ込めて、自分の娘を王子が探している女性に仕立て上げようとした。

 

王子の一行が来るが、自分の娘たちは足が大きくガラスの靴を履くことができない。そこに閉じ込めておいたはずのシンデレラが現れる。靴を履かせてみると、ぴったりフィットした。シンデレラは晴れて王子の新しい妃になることが決まり、王子と共にお城へ行く。二人は結婚して幸せに暮らした。