movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

ポケットモンスター セレビィ 時を越えた遭遇 / ネタバレ・あらすじ・キャスト

こんばんは!今夜はポケットモンスターシリーズより、セレビィ 時を越えた遭遇のネタバレ・キャストをご紹介します。

 

キャスト

サトシ(松本梨香

カスミ(飯塚雅弓

ユキナリ(戸田恵子

ビシャス(佐野史郎

ハンター(山寺宏一

 

 


ポケモンマスターを目指して旅を続けるサトシ達は、ハテノの森を旅していた。そこで幻のポケモンセレビィ」が時を渡るときに奏でられる「森の声」を聞く。すると、セレビィを祀る祠の前で1人の少年が倒れているのを発見し、ハテノ村の長老の元へ運び込む。ユキナリと名乗った少年は、40年前のハテノの森でハンターに狙われたセレビィを助けようとして、時を渡ってきたと話す。ユキナリは、自分を現代に連れてきたセレビィがいないことに気がつき、森の中へと向かう。警戒するセレビィをユキナリとサトシが2人で宥めセレビィを保護することに成功する。



セレビィを保護したサトシ達は、長老の元へ戻ろうとするが、そこへロケット団幹部、仮面のビシャスが現れる。ビシャスは、40年前にセレビィを狙ったハンターからセレビィの居場所を聞き出し、ハテノの森へとやってきたのだった。ビシャスの攻撃から逃げることができたサトシ達だが、森の奥へと迷い込んでしまい、生き物の傷を癒すという湖へとたどり着く。

 

その水に触れると、足をくじいていたカスミの足は治り、バトルで傷を負ったポケモンも回復する事ができた。その湖で一夜をあかす中で、セレビィはサトシ達に心を許し、サトシとユキナリの間にも友情が芽生えていた。

 

 

翌朝、湖に再びビシャスが現れる。サトシたちの一瞬の隙をつき、ビシャスは開発した「ダークボール」を使い、セレビィをゲットしてしまう。ダークボールは、ポケモンの意志を捩じ曲げ、操ることで命令を聞くだけの凶暴なポケモンにすることだった。森を守るポケモンであるセレビィは、ビシャスに操られ、森を次々に破壊していく。森のポケモンたちの声もサトシ達の声も届かなかった。次第にセレビィは、周囲に大量の樹木をまとい、巨大な「セレビィゴーレム」へと変貌して破壊を続けるのだった。そこへ北風の化身と呼ばれる幻のポケモンスイクンが姿を現す。 


スイクンの力や、森中のポケモン達の力を借りて、サトシ達は抵抗を続ける。そして、サトシとユキナリはスイクンの背にまたがり、ゴーレムの中心にいるセレビィのもとへとたどり着くことができた。ようやくサトシ達の声が届いたセレビィは、ダークボールに抵抗しようと暴れ、ついにダークボールを破壊することができた。ビシャスは、爆発により森の奥へと飛ばされ、野生ポケモン達に囲まれてしまう。

 

一方、サトシ達はセレビィを助け出しますが、セレビィは動かない。傷を癒す湖につけても、目を覚まさなかった。悲しむサトシ達の前に、たくさんのセレビィが姿を現す。彼らは死んでしまったセレビィを助けるために、時を渡ってきたのだった。そして、彼らの力によって、セレビィは生き返ることができた。喜ぶサトシ達の前に舞い戻ったセレビィは、ユキナリを連れて40年前に戻っていった。ユキナリと別れたサトシ達は、自分のポケモンを預けているオーキド博士の研究所で休息を取っていた。その様子を建物の中から見守るオーキド博士のデスクには、ユキナリが描いたセレビィピカチュウのスケッチが飾ってあったのだった。