movie night!

今日はゆったりおうちでムービーナイトしませんか?

ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイ / ネタバレ・あらすじ・キャスト

こんばんは!本日はポケットモンスターシリーズより、結晶塔の帝王 エンテイのネタバレ・キャストをご紹介します。

 

キャスト

サトシ(松本梨香

カスミ(飯塚雅弓

ハナコ豊島まさみ

ミー(矢島晶子

エンテイ竹中直人

 

 

 


大きな屋敷で5才のミーは1人で、学者の父親が帰宅するのを待っていた。しかし、父シュリー博士が古代遺跡を調査中にアンノーンのが起こした時空空間に巻き込まれ行方不明になってしまう。ひとりぼっちになったミーは、シュリー博士の残したアンノーンの石盤を見つけ、それを読み解いたところ、アンノーンが現れミーの空想を具現化していく。ミーは、屋敷の周辺を結晶で多い、結晶塔で一番大好きなポケモンエンテイ」を具現化する。エンテイを父親だと思い、エンテイもミーを自分の娘と思いこむ。



ポケモンマスターの夢を叶えるため、旅をするサトシ達は偶然、屋敷周辺のグリーンフィールドにやってきていた。サトシの母ハナコも、古い友人であるシュリー博士が行方不明だと知り、娘のミーを心配して同行していた。そこへ突然エンテイが現れ、ハナコを結晶塔へと攫っていった。エンテイは、ミーが母親を望んだことからミーの知り合いでもあるハナコを連れてきたのだった。ハナコは、催眠術をかけられ、自分がサトシの母ではなく、ミーの母であると思い込み、結晶塔に留まることに。

 

一方、目の前で母を攫われたサトシは、母ハナコを助けるべく、結晶塔に侵入を試みていた。結晶塔の外壁をよじ登る姿をテレビ中継で見たハナコは、自身にかかっていた催眠術がとけ、サトシのことを思いだした。ミーに外に出るよう説得を試みるが、エンテイに邪魔をされてしまう。

 


外壁をよじ上り、結晶塔の内部に入り込んだサトシ達の前に、姿を変えたミーが現れる。ミーは、アンノーンの具現化の力によって、大人の姿や10才の姿に変身して、ポケモンバトルを挑んでくる。サトシに先に行くよう告げ、一緒に旅をするタケシやカスミが相手をすることに。ハナコのもとへ行くのを妨害するだけだったが、ミーは次第にポケモンバトルの楽しさに目覚めて行く。

 

タケシとカスミがバトルに勝利した頃、サトシはハナコのもとへとたどり着くことができた。ミーを結晶塔の外へと出そうとするサトシを止めようと、エンテイが立ちはだかる。エンテイはとても強く、サトシの手持ちポケモンはあっけなく敗れてしまう。しかし、別の場所で修行をしていたサトシのポケモンリザードンが現れ、エンテイと互角の戦いを見せる。そのバトルでミーは再び外への興味を再び取り戻していくのだった。しかし、ミーの願いを叶え続けたアンノーンが暴走を始めてしまう。



アンノーンの暴走により、サトシたちに結晶が襲いかかってくる。エンテイと協力しながら、サトシ達は結晶を溶かして外へ逃げていく。そして、ミーがアンノーンに願うことをやめ、夢の世界ではなく現実で生きて行くことを決意すると、アンノーンは姿を消してしまった。屋敷を覆っていた結晶がすべてなくなり、元の姿を取り戻した。そして、泣きじゃくるミーの前でエンテイもまた姿を消して行ったのだった。

 

現実に戻ったサトシ達は、ミーと別れを告げ旅を続けることに。屋敷に1人残されたミーだったが、行方不明になっていたシュリー博士が屋敷に戻ってきていた。抱きつき喜ぶミーを見守るように白い雲がエンテイの姿を作り出していた。